パンチドランク・ラブ

映画「パンチドランク・ラブ」のセリフで英語を学ぼう。

斬り口

本当の混同

問題

カッコに入る単語を考えてみてください。

場面:ラジオでリスナーと DJ が会話しています。

Listener : I stole an ancient proverb.

      DJ : Okay.

Listener : Confusion say...

      DJ : Confusion, or (          )?
    

語彙

解説

ヒントは次の2箇所です。

1. ancient proverb 「昔のことわざ」
2. Confusion say... 「混同曰く、」
    
say「言う」の主語は人間でないとおかしいので、confusion
「混同」が主語になるはずがありません。
    

また、ancient proverb「昔のことわざ」であることから、say「言う」の主語は過去の偉い人だと考えられます。

ここから考えられることは、過去の偉い人の名前と confusion という単語が似ていて、間違えてしまったということです。confusion と混同しやすい、過去の偉い人と言えば誰でしょう?

英単語

Confucius

[名詞] 孔子

confusion は「混同」という意味ですが、文字通り confusion と confucius を混同してしまっているのが面白いところです。これであなたも Confucius「孔子」を覚えたでしょう。

解答

      DJ : Confusion, or ( Confucius )?
    

対訳

Listener : I stole an ancient proverb.
           中国のことわざを借用した。

      DJ : Okay.
           どんなことわざ?

Listener : Confusion say...
           混同曰く、

      DJ : Confusion, or Confucius?
           孔子じゃなくて混同なんだ?