ウォルター少年と、夏の休日

映画「ウォルター少年と、夏の休日」のセリフで英語を学ぼう。

斬り口

He's gone?

問題

下線部を訳してみましょう。

文脈:入院している McCann を見舞いに、親戚が病院にやって来ました。

Relatives : Doctor, where's Mr. McCann?

  Doctor  : Oh. I'm afraid he's gone.
                           ~~~~~~~~~
Relatives : Well, he led a long, full life.

            Where's the body?

  Doctor  : No, he's gone. Left.

            Mr. McCann checked himself out.
    

語彙

解説

's gone という形には2通りの解釈があります。

英熟語

's gone

1. = has gone 行ってしまった(帰ってきていない)

2. = is gone 死んでしまった

go は 第2文型(SV)なので、受動態にできないはずですが、「死ぬ」という意味の場合は例外で、be + gone という形で「死んでしまった」という状態を表します。

下線部の意味はどちらでしょうか?一見だけでは間違えやすいです。それは be afraid という語句が使われているからです。

英熟語

be afraid (that) S + V ~

「残念ながら ~ だと思う」

* that 以下は悪い(マイナスの)内容

be afraid が出てきただけで、よくない話の内容が続くとわかるので、's gone の形が出てきたら「死んでしまった」に解釈したくなります。その意味では、この場面では

I'm afraid ...
    

だけで、何も言わなくても十分意味が通じます。「残念ながら...」と病院で言えば、何となく何を言わんとしているのかわかるのと一緒です。

Relatives のセリフを見ると、

Where's the body?
遺体はどこですか?
    

と言っているので、's gone の意味を「お亡くなりになりました」と解釈しています。

しかし、この場面ではこれが違うのです。後ろの方のセリフを見てみましょう。

Relatives : ...

  Doctor  : No, he's gone. = Left.
                ~~~~~~~~~    ~~~~
            = Mr. McCann checked himself out.
              ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    

Relatives のセリフを No で否定して、もう一度 he's gone を言い直しています。その後ろの Left「去りました」も Mr. McCann checked himself out「チェックアウトしました」 も he's gone の言い換えです。誤解されてしまったため、別の表現で言い直しているわけです。「死んだ」のではなく、「行ってしまった」という意味で 's gone を使っていたのです。

訳し方としては、日本語でも誤解が起こるように訳せばいいので、

  Doctor  : Oh. I'm afraid he's gone.
   先生   : 先程いかれました
    

のように「いく」という言葉を使って訳せば、「先程逝かれました」と「先程行かれました」の2パターンに解釈できます。

解答例

「先程いかれました」

対訳

Relatives : Doctor, where's Mr. McCann?
   親戚   : 先生。マッケーンさんは?

  Doctor  : Oh. I'm afraid he's gone.
   先生   : 先程いかれました

Relatives : Well, he led a long, full life.
   親戚   : 天寿を全うしたんだわ。

            Where's the body?
            遺体はどこ?

  Doctor  : No, he's gone. Left.
   先生   : いえ、そうではなく、帰ったんです。

            Mr. McCann checked himself out.
            勝手に退院なされました。