カーラの結婚宣言

映画「カーラの結婚宣言」のセリフで英語を学ぼう。

斬り口

ほとんど同じ発音で、全く違うことを言う方法

問題

2つのカッコには同じ単語が入ります。何が入るか考えてみてください。

場面:母親とその娘が靴を買いに来ています。店員は娘の好きそうな靴を勧めますが、母親は娘の欲しがる靴ではなく、自分がいいと思った靴を履かせようとしています。そこで店員は娘にヒソヒソ声で言います。

 Clerk : She's a little uptight, isn't she?

Mother : What?

 Clerk : It's (     ). This shoe's a little (     ).
    

語彙

解説

話の流れをおさらいしておきます。

 Clerk : She's a little uptight, isn't she?
  店員 : 君のお母さんちょっとピリピリしてるな。

Mother : What?
  母親 : なんですって?

 Clerk : It's (     ). This shoe's a little (     ).
  店員 : この靴は(     )
    

店員がひそひそ声で話すので、母親は何を言ったか聞き直しています。ということは、基本的には店員は2度同じことを言うはずです。

店員のセリフを見てみましょう。主語、動詞、補語が同じ位置に来るように並べます。

      She's a little uptight, isn't she?
      ~~~ ~ ~~~~~~~~~~~~~~~~
       S  V             C
This shoe's a little (     ).
~~~~~~~~~ ~ ~~~~~~~~~~~~~~~~
    

言い直しなので、基本的には同じ単語を入れればいいのですが、uptightをそのままカッコに入れることはできません。というのは、主語が She「母親」から shoe「靴」に変わっているからです。uptight は「ピリピリしている」という意味なので、主語が感情を持つ人間でないと使えないのです。

言い直しなので、同じセリフかと思いきや、似た発音の単語を使ったセリフに変わっています。

そこで、uptight に似ている発音の単語で、靴に対して使う表現を考えます。すると、up を取り払った tight「きつい」が思い浮かびます。

解答

 Clerk : It's ( tight ). This shoe's a little ( tight ).
    

対訳

 Clerk : She's a little uptight, isn't she?
  店員 : 窮屈で大変だな。

Mother : What?
  母親 : なんですって?

 Clerk : It's tight. This shoe's a little tight.
  店員 : ああほら、この靴は窮屈なようですから。
    

注目すべきポイント

店員が娘にひそひそと母親の陰口を言って、母親が聞き返すとそれとほとんど同じ発音の単語で、陰口ではない普通の話に上手く言い直しています。非常に巧みな会話です。

      She's a little uptight.
                ↓
This shoe's a little   tight.
    

違うところは、she と shoe 、uptight と tight ですが、発音が似ています。

翻訳の上手さにも注目しましょう。本来 uptight は「ピリピリしている」という意味で、「窮屈」という意味はありません。しかし、母親に履く靴を決められているという状況を考えれば、娘の気持ちはきっと「窮屈」なものでしょう。それを靴の「窮屈」にかけて訳しているのです。英語の発音上の上手い会話表現を日本語の「窮屈」の多義性に変換した見事な訳出です。